実は…英語学習の流れは非常にシンプルです

やるべきことは2つだけ

how to study toeic_01

① 単語や文法の知識を頭の中に取り入れる(まずは知識の量を増やす=インプット)。

② 目の前のテスト問題と、頭の中の知識をリンク、シンクロさせる(何が問題のポイントなのかを見抜き、自分の持っている知識と結びつける)。

最後に「問題に答える(=アウトプット)」でおしまいです。

スコアが伸び悩む原因は何?

なぜ多くの方は問題の正解に辿り着かないのでしょうか?

それは単語や文法といった知識の獲得だけに目をとらわれてしまって、「目の前のテスト問題」と「自分の知識」をリンクさせるトレーニングが足りないからです。

例えば誰かが「これは時制の問題ですよ」と教えてくれたら解けるけど、どうしてそれが時制の問題なのか、自分一人だと特定できない状態、これが問題と知識がリンクできていない状態です。

講師

単語や文法の知識を丸暗記さえすれば…、というような学習法は必ず失敗しますきちんとテスト問題と知識をリンク、シンクロさせるトレーニングを行いましょう

そもそも単語や文法が不足している人は

how to study toeic_02

もしも① 単語と文法のインプットが上手くいかなかったら、その先の「② テスト問題のポイントを見抜いて、持っている知識とリンクする」ことなど、そもそも不可能です。

ただ「そんなことは分かっているんだけど、覚えられないものは覚えられないんです!」…ってなる人の気持ちも分かります。

覚えるにはコツがあります。それは(特に文法は)断片的な知識として丸暗記するのではなく、ストーリーとして理解する事です。

暗記が苦手な方は

特に理系の方は「暗記が苦手」なのではなく、「必要性が分からないモノを力業で丸暗記する」のが苦痛なのではないでしょうか。(実は講師、学生時代は理系でした)

単語量は個人差がありますが、文法は基礎を抑えればその先の公式化は簡単。
やり方次第で大学院レベルの文法が数ヶ月で終わります。英語は思っている以上に論理的です。

講師

前置詞の考え方なんかは認知言語の考えが分かれば、短期間でかなり理解できるようになりますよ!

単語も文法も頑張っているのにスコアが伸び悩む人は

how to study toeic_03

① 単語と文法をしっかり勉強しているハズなのにスコアが伸びないと 辛いですよね。その原因は「② テスト問題のポイントを見抜いて、持っている知識とリンクする」ができていないからです。

この場合、根性論だけでは解決しません。逆にこの部分こそ プロの思考パターンをマネすることで最も学習効率が改善される部分です。

スクールの「短期で結果を出す・・・」というキャッチフレーズはこの部分です。

問題のポイントが見抜けない原因

それは学校で習った順番」と「何の問題なのかを見抜くための順番」が大きく異なるからです
学校の期末テストのように、習った順番に問題が出てこないからです。

講師

授業では何の問題なのかを特定するためのやり方をお伝えします。あとは反復するだけです。