さて明日(金)は基礎講座

今のところ隔週の基礎講座です。

人数が少ないので、ほぼセミプライベートレッスンのような感じ。

何にせよ参加者の方々が丁寧に取り組んでくださっているおかげで

理解度が高い高い!

ちなみに大学で教えていると、参加する学生の目的はバラバラ(悪い事とは思ってません)

① 純粋に英語を仲間と共に楽しく学んでいる学生

② 就職活動用として考えている学生

③ 旅行などの趣味に活かそうとする学生

④ 自分の専攻とは違うが、英語は必修なので、とにかく教室に顔出して出席を稼ぎテストを暗記で乗り切って単位をもらえれば良いと考えている学生(笑)

自分たちの選択なのだから、①~④のどれであっても良いと思います。

④は・・・昔の自分です。

自分の学生時代を振り返ってみると、【専攻が違うけど必修なモノ】は、正直に言うと辛かったですね。

なかなかモチベーションを上げるのは難しかったと記憶しています(笑)

あはははは。だからあまり人の事は言えませんよね。

教わる側から教える側に立場が変わった今はどうかというと、

(大学で講義をしている時は)

もちろん英語の授業の内容を疎かにするつもりはないですが

バラツキ具合が大きい集団に対して、どうやって進み具合を調整しながら講義を行うか?に意識が集中しちゃいます。

英語そのものよりも、クラスコントロールのための準備に時間がかかります。

一方、CLOVERSには自分の意思で通われている方ばかりなので、モチベーションのバラつきがほぼありません。

「CLOVERSに通うのが目的なので、英語力がつかなくてもいいや~」という方がいないからです。

こちらは、どうやって基礎を固めながら新しい知識を取り入れて&使える知識へとどれだけ早く昇華させるか、に集中しています

クラスコントロールに割く時間よりも、圧倒的に長い時間を英語の準備にかけることができるのです。

求められるものに違いというだけで、どちらからも学びはあります。

が、

後者の方が生徒さんが鋭い質問をしてくるので、私も良い意味で緊張する瞬間があります。

「おお、すごいな!この質問」という瞬間が。

今も期待にお答えできるよう進めていますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

\ 無料体験レッスン 受付中 /

TOEIC 600点以上の中上級者を対象に行っています。
3カ月間、スコアが伸び悩んでいる方には必ず 病巣とも言える「弱点」があります。
990点満点の講師が直接診断してスコアUPのための治療法をアドバイス。
あなたの問題解決・願望実現に必要なモノが何かがわかります。