時刻と期間の前置詞、それで終わるのはもったいない

時刻 before / after / until / by (no later than)/ * no later than を前置詞と呼ぶのは無理があるのですが、byみたいなものと考えて。

期間 in / within / for / during / over / throughout

というのをこの火曜日にやりました。

これらを時刻と期間に区別さえすれば、後はコツを掴んで、穴埋め問題を簡単に数秒で簡単に解く方法があります。

今日も、皆さんほぼ満点でした。

で、もちろんそれはそれで良いのですが、

問題が解けるようになったら、つぎはその知識を長文に活かして欲しいのです。

もちろん、上記の単語を「時刻と期間の単語なんでしょ・・・」と思っていてもいいのですが、

これらは変化を表す記号と捉え直す事もできますよね。

つまり、例えば

図書館の工事・改装は来週の月曜までずっと続きます、と書いてあったとしたら、

それは「火曜日からは図書館は使えるよ」とも予測できますよね。

ただ、単語の直訳をして終わるのではなく、

違った角度から言い換えることで、ほんの少し工夫することで、文章の理解度・記憶力はグッと上がります。

授業では、こういったネタもたくさんお伝えします。

\ 無料体験レッスン 受付中 /

初心者~上級者、誰でも参加OK。
まずは実際に授業を体感してみましょう! 
スコアが伸びず悩んでいる方は必ず病巣とも言える「弱点」を持っています。
990点満点の講師が直接診断してスコアUPのための治療法をアドバイス。
あなたの問題解決・願望実現に必要なモノが何かがわかります。