thatをきちんと処理できますか?

thatに限らず、中学校で「出てくる」単語には重要なものが多いです。

出てくる、と書いたの理由は、実際に使い方を学んでいる、とは違うから。

どうでしょう?thatをきちんと体系化して説明できますか?

 

なんでそんな所にこだわるのかというと、

thatに限らず、使い勝手が良い単語はその分使い方に要注意な単語でもあるからです。

 

文章を読んでいて行き詰まるのは、難しい専門用語ではありません。そんな単語は辞書を見ればすぐに訳が分かります。

本当に難しいのは、「知っていると思っているけど、実はきちんと自分に説明ができるかというと、それはアヤシイ…。

ぼや~ん、とこんな感じでしょ」みたいな単語です。

 

そういった単語をどれだけ正確に素早く処理できるか?

がスコアUPに直結してきます。

 

ちょっと脅かしましたかね。なんだか、難しそうな気がしてくるかもしれませんが、

でも実は、簡単な処理方法があります。

 

出来る方は知っている、簡単な処理方法を本日は取り扱います。

\ 無料体験レッスン 受付中 /

初心者~上級者、誰でも参加OK。
TOEIC® L & R TEST受験歴の有無は問いません。まずは実際に授業を体感してみましょう! スコアが伸びず悩んでいる方は必ず病巣とも言える「弱点」を持っています。990点満点の講師が直接診断してスコアUPのための治療法をアドバイス。
あなたの問題解決・願望実現に必要なモノが何かがわかります。